風水

キッチンの置物で運気アップ

キッチンは家族の健康運をつかさどる場所。
古い占術のことわざに「運は食なり」という言葉があるほど、なにをどう食べるかは、開運的にも重要です。
けれども、台所は「火」と「水」という、相反する気が発生するため、運気を整えるのが難しい場所。
水には、よい運気も悪い運気も取り込む性質がありますが、よどんで汚れた水は、場の運気を大きく落としてしまいます。
火は悪い運気を燃やす性質がある反面、強くなりすぎても運気のバランスが乱れます。
コンロや水回りはいつも清潔を心がけ、開運グッズを活用して、火と水の運気を整えましょう。

★八角形の皿
できあいのお総菜でも、皿に盛ることで家族の健康運をアップさせる開運食になります。
皿の形は森羅万象から幸運を呼び込む八角形がベストで、絵柄は果物など「実り」を描いたものがベストです。

★米びつ
日本人にとって最強の開運食品は、古来主食であるお米。
お米はお金と同じくらいたいせつに扱うべきです。
買ったままビニール袋に入れておくのはNG。
米びつに移し替えるか、大型クッパー容器などに入れて保存しましょう。

★炭を置く
炭には、悪い気を吸い取って運気を活性化させる働きがあります。
しかも「火」の気と相性がよいので、火を使うキッチンの運気を整えるには最適ですO皿などに炭を2~3本入れて置くと、キッチンが浄化されます。

★スポンジを使い分け
「囗に触れる物」である食器は、調理器具とは扱いを別にします。
スポンジ・たわし類も食器用、調理器具用と2個使い分けましょう。
そして、使った食器や調理器具は、その日のうちに専用のスポンジで洗うこと。
これをきちんと行うことが、食事という開運行為のパワーを高めます。

 

Return Top